セフレのメリットとどんな女性を狙うべきか?

セフレのメリットとどんな女性を狙うべきかを考えてみよう。
まずはセフレを作るメリットだ。
セフレを作りたい人は「性欲を押さえることができず我慢できない人」や「女性とのべたべたした関係はウザイが性欲を満たしたい人」だろう。
セフレは肉体関係が基本であるから次の2点が最大のメリットだ。
・お互いが他の相手と浮気をしても束縛される自由であること。
・結婚をしなければならない必要がないこと。
ふたりでホテルや車の中や屋外でSEXしている時は気配りをしなければならない。
しかしそれ以外の時には余計な気遣いは不要だ。
こういった都合の良い関係なのでセフレを希望する人は多いのだ。
では次にどういった女性をセフレ候補として絞ればいいのだろうか?
セフレは<拘束されないかんけいが前提>である。
1番目は口が固い女性だ。
セフレ関係であることを吹聴されるととんでもないことになる。
2番目は嫉妬深くない女性だ。
複数の女性とSEXフレンドの関係になってもこだわらないタイプが良い。
いちいち行動を監視したり、携帯を勝手に覗くようなタイプは不適格だ。
3番目はSEXできれば良いと割りきっている女性だ。
セックスレスの人妻などは格好のターゲットだ。
あなたも妻帯者ならば相手も浮気をしているので責められることもない。
以上のようなことを参考にしてセフレ募集サイトでゲットしよう。

セフレ募集サイトは有料がいいのか無料がいいのか?

セフレ募集サイトは有料がいいのか無料がいいのか?――悩みがつきないだろう。
ここでは、二つの料金体系について考えてみよう。
基本的には出会い系サイトの利用方法と同じように考えればよい。
1番目は有料のセフレ募集サイトだ。
一般的にセフレ募集サイトはこのタイプがほとんどだ。
基本的なシステムとして男性は有料でポイント課金制か定額制になっている。
女性はオールフリーで無料使い放題になっている。
女性の条件が有利であるしレディコミなどで宣伝広告を展開しているので女性比率が比較的高い。
無料のセフレ募集サイトよりも圧倒的にマッチング率は高い。
有料であるからセキュリティーも万全であるから安心できる。
注意したいのはサクラの存在である。
特にポイント課金制の場合はお金を使わせるためにサクラを雇っているサクラサイトも多い。
クチコミ情報サイトなどでサイト名を検索すると体験談などあるから悪質業者/悪徳業者に騙されないようにしよう。
セフレどころか詐欺被害に会ってしまうと嫌だろう。
お試し利用ができるようなサイトならば、そのシステムを使って様子を見てみればよい。
2番目は男性も女性もオールフリーで無料のセフレ募集サイトだ。
メールのやりとりや掲示板の書き込みや閲覧など全部無料!
気軽に使いやすい反面、男性比率が9割ほどになる。
とても競争率が高くマッチング率は少ない。
そして「デリヘル」や「アダルトビデオサイト」に誘導するバナーが多い。
要するにセフレを希望する男性を集めて、相手が見つからないから風俗に誘導しようという魂胆なのだ。
詐欺サイトも多いから個人的には有料の「定額制」がお薦めだ。

メル友からスタートすることがセフレへの近道である。

メル友からスタートすることがセフレへの近道である。
これは私の経験から実感することだ。
初めから「セフレが欲しい」という気持ちで相手探しをするような人たちは実際には少ない。
しかし妄想の世界では多いのだ(笑)
どんな人たちが実際にセフレになっているのだろうか?
メル友関係でしりあった男女が、知らない間に親しくなってSEXをして楽しむセフレ関係に落ちついた……こんなパターンが意外と多い。
二人の関係性で一番居心地が良いのが暗黙の了解でのセフレ関係なのだ。
メル友というワンクッションをおいてセフレは遠回りのような印象があるかもしれない。
しかしこれが一番確実でセフレへの最短距離だ。
セフレ募集サイトのようなところがあるが、女性はそんなところに中々登録はしないものだ。
サクラに騙されないように注意して欲し胃。
ファーストメールを送って返事があれば、まずはスムーズにメル友関係にはなれるだろう。
やりとりを続けて信頼感をえよう。
できるだけショートメールは少なくして、それなりのボリュームが欲しい。
400文字程度を目安にしてしっかりとした文面が必要だ。
文章能力がない人はまずは文章能力を磨こう。
相手にとってメールのやり取りが生活の一つになれば理想的だ。
次に勝負に出る。
一度会ってからやってみたいことを伝えよう。
カミングアウトすればいい。
告白しても相手が乗り気でない場合は諦めよう。
深追いしても駄目!
抵抗がない返事がきたらその相手とセフレになるのはもうすぐそこにきている。
初めからセフレになるつもりはなかった。
やりとりをしているうちにセフレに発展した――こういった流れを女性にあたえてあげれば納得しやすいのだ。

援助交際は犯罪行為であることをしっかり理解しておこう!

援助交際は犯罪行為であることをしっかり理解しておこう!
素人女性がコミュニティサイトを利用したりして親しくなった男性と金品と引換にエッチする行為を援助交際と呼んでいる。
早く言えば<売春>をしているのだ。
18歳未満の児童が援助交際をした場合には<児童ポルノ禁止法>に抵触してしまう。
この法律の本来の目的は18歳未満の児童が出演しているポルノ動画を取り締まることであった。
児童売春については別の規定があり厳格に処罰されるのだ。
出会い系サイトでは年齢認証を徹底していない悪質業者/悪徳業者のサイトを中心に女子中学生や女性高校生が援助交際をしている実態がある。
これは明確な犯罪行為で逮捕されることもある。
「お金が欲しい」という少女と「お金を支払ってでもSEXしたい」男性の利害が一致してしまう。
そうなると交渉成立で援助交際になるのだろう。
簡単に出会いが見つかる<出会い系サイト>ではこういった問題があるのだ。
セフレとは異なり法律違反になる援助高裁に関しては安易に考えない方がよい。
お金を支払ってまでSEXしたい場合は「ソープランド」「デリヘル」「ホテヘル」「ファッションヘルス」……いろいろな風俗があるはずだ。
風俗で性欲を解消するのが賢明だろう。
痴漢行為で逮捕されるのと同じ経験をするリスクがあるのだ。
そんなリスキーな援助交際は分別ある大人ならば手を出すことはしないだろう。
しかし愚かな人間もいるのだ。
あなたの社会的地位を捨ててまで援助交際をするのか――しっかりと考えていただきたい。

出会い系サイトでセフレを作る方法

出会い系サイトでセフレを作る方法をご紹介しよう。
出会い系サイトはセフレを作る場合にはベストはツールである。
しかし、効率的にセフレを作りたいならば秘訣があるはずだ。
ストレートに掲示板を<セフレを募集しています>と投稿することも一つの選択肢である。
しかし、こういった場合は大抵<サクラ>だと思われるだろう。
そしていきなりセフレっていわれても女性ならば躊躇するだろうと思う。
超淫乱女性ならばすぐに返事があるかもしれないが、それだけではもの足りなくなっているのだ。
セフレといってもやはり相性があるからだ。
まずファーストアプローチの段階ではあまりガツガツ感を出さずにスマートな紳士を演じるといいだろう。
頭の中は<SEX……SEX!>と妄想が渦巻いていても、ここはそれを隠しておくのだ。
表面上はメル友を募集していますという体裁にしておこう。
女性側も交際するにしてもハードルが低いほうが良い。
正直いってセフレ募集に応じた……そんな立場は嫌だろう。
メル友から知らない間にセフレになってしまっていた――そういった言い訳が欲しいのだ。
女性はプライドが高いのだ。
一般的な女性の場合は性欲を剥き出しにした男性には気後れしがちである。
けれどもメル友募集している男性ならば、「返事をしてみようかしら?」という気持ちになるのだ。
最終のセフレになるまではお互いに目的をさぐりながら違うならば関係を自然消滅すればいいのだ。
信頼関係ができてセフレでも大丈夫な女性をターゲットとして残せばいいだろう。

出会い系サイトで公開されている会員数のマジック

出会い系サイトで公開されている会員数のマジックに要注意!
登録人数を公開してそれをセールスポイントにしているサイトを表記を良く見てほしい。
多分男女別になっていないはずだ。
それと「完全無料」の出会い系サイトに公開しているところが多い。
しかし「完全無料」の出会い系サイトは利用しなくても課金されないので実際に使っていない幽霊会員が非常に多い。
こういった会員もカウントされる。
当然会員数は多くなるだろう。
自分のお金が傷まないならばわざわざ退会手続きをする人はいない。
そして会員の9割程度は男性会員だ。
こういったサイトで女性との出会いを見つけるのはなかなか難しいだろう。
会員数の多さだけで優良と判断するのは非常に危険だ。
しかしながら大勢の会員が登録しているということで<優良だから>と勝手に思い込んでしまう。
また思い込ますような表現をしているところが多い。
実際にソースを見てもプログラムと連動して登録人数を公開しているサイトは少ない。
全て手作業だ。
それも如何にもリアルな数字をあげている。
たとえば、男性会員1265041名で女性264012名なんていう感じである。
これならパッと見では女性の方が多いと感じないだろうか?
最近は男女別の登録人数を公開していないことが多い。
それは何故だろうか?
都合が悪いからだ。
だから登録人数などは出会い系サイトを判断する材料にはならないと考えよう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ